ペナンからミャンマーへ旅行する《③ヤンゴンの一風堂に行ってみた編》Ippudo Yangon

ミンガラバー!

ボンボーノ、ミャンマーよりこんにちは〜。

*5/21(月)~24(木)までおやすみを頂戴し、ミャンマーへと旅行に来ています。

 

現在、ミャンマーの最大都市ヤンゴンに来ています。

なんとヤンゴンではペナンよりもいち早く一風堂がオープンしているとのこと。

それはそれは気になります〜。

どんな感じのお店なのか、またどんな客層が来ているのが、それはそれは気になりますよ〜。

場所はヤンゴン中央駅からも徒歩圏内にあるJunction City と言うショッピングモールの中にあります。

一風堂ヤンゴンのグーグルマップを見る

この建物は地元最大の市場だそう。

20180521_165213.jpg

そこの向かいにあるミャンマー1のショッピングモールの中にあります。

20180521_165510.jpg

ペナンのパラゴンやガーニーなどでお馴染みのブランドの類が多々。

20180521_165710.jpg

ここまで来ると、世界はどこも同じですね。

20180521_165834.jpg

スーパーあり。

20180521_170002-1.jpg

ロッテリアあり。

20180521_165910-1.jpg

今話題のメイソウ。

そんなショップのラインナップに囲まれる中の一風堂さんはこちら!

20180521_170022-1.jpg

Ramen Ippudo Yangon

Junction City, Yangon Myanmer

一風堂ヤンゴンのGoogle Mapを開く

20180521_170041.jpg

さあ、早速中に入ってみましょう。

「ミンガラバ〜!」

おおお!!

20180521_170508-1.jpg

日本だ〜。

20180521_170516.jpg

お一人様用のカウンター席もある!

20180521_170651.jpg

全体的にも日本な感じで違和感がない!!

しかも更なる演出が!

20180521_170605.jpg

テラス席!

20180521_170549.jpg

そしてそのViewがなんとも!

奥の方にはちらりとシュエダゴンパゴダの頭が!

20180521_170556.jpg

ここに来るだけでも得した感じ。

 

さて、メニューを拝借。

20180521_170731.jpg

定番の赤丸白丸

20180521_170745.jpg

からかスペシャル博多スペシャル

20180521_170754.jpg

元祖ゼロにチキン醤油?

20180521_170802.jpg

福岡にはないメニューも

20180521_170820.jpg

そして飲み物

20180521_170826.jpg

デザート

完璧じゃないですか〜。

ということで、これも日本のメニューにはないミャンマービールで乾杯です。

20180521_172131.jpgミャンマービール MMK2,900-(約290円)

クセがなく、さっぱり飲めます。

特にたくさん炎天下の中を歩いたのでますます美味しい!

これ、お食事も邪魔しないしいいじゃないですかー!

気に入った!

20180521_172231.jpgきゅうり MMK2,500-(約250円)

ごま油のオイリーさと唐辛子がミャンマーっぽくっていい感じです。

20180521_172457.jpg餃子  MMK4,000-(約400円)

これも本当に日本の餃子!

違和感なし!(←普段どんな餃子を食べているのか、笑)

 

さて、お待ちかねのラーメンが登場です!

20180521_172932.jpg赤丸 MMK8,900-(約890円)

ビジュアルはそのまま博多!

で、お味は?

20180521_172936.jpg

今回はビールをちびちび飲んでいましたので、博多風としては硬麺でオーダーしました。

ビールのほろ酔いが来るまでに麺がちょうどよく柔らかくなるから博多っ子は硬麺オーダーが多いのです。

スープを一口確認し、「間違いなし!」と太鼓判を押しました!

全く博多と一緒のお味です!

20180521_172747.jpg白丸 MMK7,900-(約790円)

こちらも同じく博多のお味!

チャーシュウもホロホロで、なぜかラーメンだけどビールが進むんです。

20180521_172743.jpg

替え玉MMK1,500-(約150円)もあります。

20180521_173004.jpg元祖 MMK4,900-(約490円)

ちなみにこの元祖。

長浜ラーメンのお味に似ているような?

20180521_172958.jpg

他のメニューに比べてリーズナブルですし、これ、しっくりきます。

そして最後におまけ。

20180521_173146.jpgチキン醤油 MMK4,900-(約490円)

これは福岡じゃないですが、豚骨はちょっと、、という方にはいいかもですね。

20180521_173150.jpg

麺は正直インスタント?って感じで一風堂らしからぬアイテムですが。

20180521_175011.jpgルイボスティープリンMMK2,500-(約250円)

色もお味もそのままルイボスティー。

少しルイボス感のある渋みがなんとも大人のお味です。

さあ、そんな訳で初日のミャンマーで一風堂を堪能し一路ホテルへ。

20180522_055943.jpg

East Hotel 約3,533円(決済時のレートです)*朝食付き

一風堂から歩いて帰れる距離です。

20180522_055938.jpg

横にはカフェが併設されており便利。

20180522_055644.jpg

こじんまりとしたホテルです。

20180522_055540.jpg

便利な所で、まあまあといった感じです。

20180522_055547.jpg

20180522_055558.jpg

このホテルの特典はお水が飲み放題ということ。

20180522_055636.jpg

さあ、明日はこのホテルから歩いてヤンゴン中央駅に向かい、この旅のハイライトである「ゴールデンロック」に列車で向かいます。

Screenshot_20180522-074746.jpg

地元の人は口を揃えて「バスにしろ」と言います。

バスなら3時間ちょっと、列車なら5時間ちょっと、そんな日本人はバカだと言われたくらい。

でも、どうしても列車に乗ってみたいのです。

つづく

 

あとは、現地での情報はヤンゴンのこちらの旅行社にご協力いただきました。

Tat Tun Aung Co.,Ltd.

ヤンゴンからゴールデンロックまでの日帰りの専門旅行社です。

日本人常駐でミャンマー語しか通じない環境では嬉しい限り。

ボンボーノのブログを見て!というとモニター価格で15%引きにしてくれます。

日本語がペラペラのミャンマー人スタッフさんもいて、とても感じがよかったので是非おすすめです。

皆様も是非ミャンマーへ!

ボンボーノ@ペナン

(60)013-497-9778

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中