ジョージタウンの洒落カフェ Kim Haus Penang

ジョージタウンにはたくさんのおしゃれなカフェが増えていますね。

だけど、小生はカフェにはあまり興味がないのです。
なぜかというと、「お茶」より「おちゃけ」の方が魅力的だから⭐︎

でも、このチャイニーズニューイヤーのお休みに、どうしてもとお友達から誘われ、しぶしぶ(笑)行ってまいりました。

Kim Haus地図Lebuh Campbell George Town 10100 George Town Pulau Pinang
012−428−1515

あの有名なキャンベル通りですね。
紅葉亭さんのあるHutton Lane をジョージタウン方向に真っ直ぐ、キャンベルハウスを通り過ぎたところの右手。

16466922_10211989962207350_1276851549_n
(夜な夜なの写真でごめんなさい)

この辺りはどんどん開発というか、おしゃれな感じにリノベーションが進んでいるビルが多いです。

ひと昔前までは、この辺を夜に歩くことさえ恐怖だったのに、今では遅くまで観光客や若者が彷徨されております。

16468859_10211989974527658_1008360024_n

入り口からけっこうな「洒落オーラ」が出ているので、すぐにわかると思います。

Kim Haus.金の家。
Hausはドイツ語ですね。向かいのバーもMustache Haus(ヒゲの家)といって、こちらもなぜかドイツ語風のお店の名前がついていました。

16443541_10211989963087372_156186323_n
入り口のテラス席も素敵でしたが、中も入ってみましょう。とっても広いのです。

16425410_10211989973967644_264522159_n
インパクトありますね〜。
壁画がなんともペナンっぽいです。ペナンといえば、2012年8月にアーネスト氏によって最初の自転車の子供の絵が描かれてから、すっかりアートの街として定着しました。

16467265_10211989971287577_475754619_n
壁にも一面に有名アーティストや歌手などのの肖像画が。

16467021_10211989973127623_469041228_n
ここは昔、宝石店だったらしく、金の博物館?ともなっているようです。
16426382_10211989970647561_462253860_n
自称、とも言うべく、ゴールドバーと。。
16466993_10211989972607610_477038490_n
侮るなかれ、ちゃんとゴールドの形跡を残した博物館です。
16468808_10211989974287652_780425273_n
その昔、この場所に金を保管していたという場所が貸し切りスペースに。

女子会などのスペースもあって、誕生日会などいいかもしれませんね。
16441504_10211989969607535_1541319417_n
この日もローカルの方々がバースデーソングを歌われておりました。

ちなみに、2階はライブスペースとなっています。

その日に応じて、歌手が来たりコメディアンが来たりと。
16469118_10211989964967419_664528396_n

本日はアメリカンミュージックを偲ぶ会みたいになっていました。

「ホテルカリフォルニア」なんかが流れていましたよ。

16468655_10211989972967619_1267520225_n
ここでカクテルを一杯。。ってのもいいですね。

テラス席もあります。
16467141_10211989963927393_215098918_n
要はタバコが吸える席。

ちょっと外の空気に当たって良い感じ。
16426411_10211989963447381_1739786355_n

ちなみにアルコールメニューはこんな感じです。
16441575_10211989972127598_1413663687_n
で、食べ物の締めはこんなんで。
16441642_10211989966727463_760912092_n
イングリッシュカルボナーラEnglish Carbonara RM19.19-(600円)

カルボナーラっぽくなく、単なるクリームスパゲッティ、って感じですが。
特にスペシャルでもなく、まあ普通のお味です。

16425466_10211989965167424_1956563722_n
ボンゴレパスタ Vongole Pasta RM24.9-(750円)

こちらも可もなく不可もなくのお味。

最後に〆め?で赤ワインを頼みました。
16468794_1843515639216614_1348716901_n.jpg
アルゼンチンのワインRm160−(4,800円)

いや〜、このワインがキンキンに冷やされて、かつグラスまでキンキンだったのでさすがに文句を言ってしまいました。

「あのねー。赤ワインは常温で飲むものですよー」と。まあね、ペナンは常夏なので、ちょっとはいいですよ。でもボトルもグラスもキンキン。。。

店員さんは、「はてな?」というお顔。
でも無理もありません。カフェでお酒を飲むことがいままでなかった歴史なのですから。

まあ、だいたいペナンのカフェではこんな感じなので、、。小生が悪いのです。

だからカフェに行くのがちょっと億劫なのです。。。

まあ、カフェメニューも充実していましたし、おしゃれな空間で「ペナン女子会」ってのもいいかもしれません。

ケーキ類もたくさんあるみたいなので、FBでチェックして是非トライしてみてくださいね。

https://www.facebook.com/Kim-Haus-Penang-1536808863309652/

以上、KIM HAUSさんのレポートでした。

ボンボーノ@ペナン


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中