ペナンのパフ専門店 ポルトガルスタイルのエッグタルトとカリーパフが美味しいお店 Curry Puff MaKee Penang

みなさまこんにちは!

今日も本ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今日はここに来ています!

20191203_112958.jpg

ペナンジョージタウンの目抜き通りの一つでもある、キャンベル (Cambell) 通りとつながるハットンレーン (Hutton Lane)。

 

ここに美味しいエッグタルトとカリーパフのお店があると聞いて駆けつけてきました。

こちらの看板が目印です。

 

20191203_112752.jpg

Makee

122 F, Hutton Ln, Georgetown, 10050 George Town, Penang

MakeeのGooglemapを見る

 

20191203_112952.jpg

では早速お店に入ってみましょう。

「ニイハオ〜!」

20191203_112745.jpg

お店は至ってシンプル。

売っているのはパフ類のみという専門店なのです。

20191203_112824.jpg

ここの看板娘はジョーさん。

「今日、写真いい?」って聞いたら、チャーミングにポーズをとってくれましたよ〜。

なんとお茶目な!

お客さまが日本人とわかると、めいいっぱいの日本語で接客してくれます。

「これ、ポートギー(ポルトガル)のエッグタルト、これ、チキンのパイ」

嬉しいですよね。

この一生懸命さ。

20191203_112810.jpg

これがこの店のシグネチャーである「カリーパフ」。

カリーパフというのは、ドライカレーみたいな、う〜んどっちかというとキーマカレーみたいなのをパイ生地で包んで焼いたもの。

日本人にはあまり馴染みのないお菓子ですが、ここマレーシアでは定番のお菓子。

20191203_112831.jpg

上段がチキンパイで下段がエッグタルト。

そしてこちらがお値段表です。

20191203_112801.jpg

Curry Puff RM2.2-(約57円)

Portuguese Tart RM2.2-(約57円)

Tuna Puff RM1.80-(約47円)

Chicken Pie RM4.9-(約128円)

*本日の為替レートは1RM=26.16円です

 

メニューは4種類なので、迷わなくていいですね。

ペナンにはチョイスがないとよく言われますが、日本に帰っていざ欲しいものを買おうと思うとチョイスがありすぎで買えずに帰ってきたという、マレーシア在住にあるあるパターンと同じですね。

チョイスが少ないということは、有意義な時間が過ごせるということです。

 

お店の中にはテーブルもありますが、大体の人が持ち帰って食べるそう。

では今回はカリーパフとエッグタルトを。

20191203_122508.jpg

持ち帰ってすぐに頂きましたが、うん!美味しい!!

甘さ控えめのエッグタルトのトロりんとした柔らかさと、パイ生地のカリカリっとした食感がとってもいい!!

カリーパフも程よいモフモフ感で癖が強くなく、日本人にもすんなりと受け入れられるお味だと思います。

 

皆様も是非一度試してみてくださいね。

以上、マッキーさんのリポートでした。

ボンボーノ@ペナン

(60) 013-497-9778

 

 

 

3件のコメント

  1. 初めてコメントいたします。ここのタルト🥧美味しそうですね♪ペナンはまだいったことがないんですが、おすすめスポットたくさんありそうですね!

    いいね

    • Lealeabinさま
      コメントありがとうございます。
      ペナンはずいぶんおしゃれなお店が増えました!
      観光の街としてはちょっと物足りないかもしれませんが、住むには最高です!
      是非ともおいでくださいね!

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中