シンガポールの哲平食堂がペナンに!鰻満食堂のうなぎも!Teppei Shokudo Penang

いやいや、今宵は久々のヒットしすぎで興奮が治まりません!

ペナンにこんな素敵な食堂がオープンしていたなんて、、。

今回はグルメ情報通のE様のお声掛けがあり、ペナンで本格日本食をカジュアルに堪能してきましたよ〜。

IMG-20180112-WA0006

哲平食堂 Teppei Shokudo (地図
1 Gat Lebuh Macallum George Town
10300 George Town Penang Malaysia

場所がちょっとわかりにくいんですが、、、。

The Saw Emporium と言う建物内に、フードコートのようにしてちょっと小洒落た飲食店やバーが集まっています。

WP_20180112_18_13_12_Pro
この建物内です。

この隣に、ちゃんと駐車場もあります。(無料)
WP_20180112_18_18_07_Pro

広々とたくさん停められるので安心です。(←重要)
WP_20180112_18_17_32_Pro

中庭があり、右手はバー、左手がフードコートになっています。
WP_20180112_18_18_18_Pro

こんなところに?と、ジョージタウンは毎年毎年街の表情が変わっていくので、本当にびっくりな発見が多い近年です。

左手のフードコートに向かいます。
WP_20180112_18_18_32_Pro

では、早速中に入ってみましょう。

「ハロ〜」
WP_20180112_20_26_44_Pro

おおお〜。広〜い。

真ん中がドリンクバーと、注文カウンターになっているので、お目当てのお店の前に陣をとります。

哲平食堂さんは、どこだ??
WP_20180112_20_26_10_Pro

ここじゃない。
WP_20180112_20_26_27_Pro

これでもない。
WP_20180112_20_26_19_Pro

夜はライブがあるらしい。

あ、あった〜〜!!

WP_20180112_18_20_02_Pro
これ!

これですよ〜!!

哲平食堂さん!!

ちょっと待って!

先にやっぱりビール飲みます。笑

WP_20180112_18_30_12_Pro
日本をはじめ、世界のビールと日本でも見たことのないビールがたくさん!

全て輸入ものの小洒落たビールなので、いつもとはちょっと値段が、、、ですが、せっかくだからいただきましょうね。

WP_20180112_18_41_45_Pro
Chiron Beer RM29-(約812円)
Hawkers Beer RM27-(約756円)
*本日のレートは1RM=28円です。

さすが、輸入物のビール。

いつものカールスバーグやタイガーの軽さとは違ってどっしりとしたお味です。

こういう寒い気候の今日この頃にはいいかもです。(←最近は25度以下が続くペナン島です)

さあ、メニューを拝借。

WP_20180112_18_23_49_Pro

この限定感!!

それから、なになに??

WP_20180112_18_23_09_Pro
スペシャルメニューが!!

で、なになに??

今日はその哲平さん自身が来ぺ中ですって!!!???
注)ペナンに来られるという表現をペナン人は「来ぺ」と言います。笑

へ〜〜〜。

もしかしてあの厨房に見え隠れするあの人かな〜?


ところで、哲平さんって、知っていますか?

シンガポールの日本食界で知らない人はいないというシェフオーナー。

山下哲平さん。

今ではシンガポールに『哲平食堂』を7店舗(それ以上かも?)、『鰻満(まんまん)食堂』という鰻屋さんのレストランを2店舗(今は3店舗目を準備中)お持ちです。

『鰻満食堂』さんでは特に、愛知県の三河から空輸で取り寄せた鰻を、その場で捌いてお客様に提供するという大胆な発想で、毎日毎日行列の絶えないレストランとしてシンガポール人とそこに住む日本人の心をがっつりと掴んでいます。


今回は、その哲平さん自身がシンガポールの鰻満さんのお味を少しおすそ分けしてくれました。


WP_20180112_18_58_15_Pro
うなぎたまご丼 RM16-(約448円)

や、安くない?

これ、三河のうなぎでしょう??

哲平さん:はい。三河のうなぎです。

運ぶのが大変だから、小さく切って運んできたんですって。

で、お口に入れた瞬間〜!ふわ〜ってとろけるんですよ。

ああ〜〜。懐かしい〜。日本のお味が〜〜。
小さい骨とかも入ってなくて、違和感なくうなぎを食べたのは何年振りでしょう。

これって、採算取れないのでは?

哲平さん:シンガポールで出すのと違って今回のは小さく切ってあるので、いくらその鰻に仕入れ費がかかっていても、ビジュアルで価値って決まってくるのですよ。それと器とお店の雰囲気なども。うちは材料代はじゃぶじゃぶ使って、あとは気軽にたくさんの方に美味しいものをリーズナブルに食べて頂けるように、というのが目的なんですよ。

そぉ〜ですよねえ〜〜。さすが!ペナンはそういうのがウケるんですよねえ〜〜。

では、哲平さんオススメのこちらもどうぞ!

IMG-20180112-WA0010
天丼 Tendon RM28-(約784円)

日本米に、エビが2本とお野菜の天ぷらがサクサク〜っと仕上がっています。

衣はカリカリで、日本の天ぷらです〜。

それと、チョロっとかかっているソースも、普通に違和感のない日本のソース〜。
(普段どれだけなんちゃってのソースを食べていることか。笑)

こりゃどんどん頼みましょ〜。

WP_20180112_19_30_20_Pro
カツ丼 Katsu Don RM25-(約700円)

ネギが白髪ねぎ〜。(←そこか?)

いや〜、ペナンでは、丸く切っている長ネギのトッピングしか見たことないものですから。

そういえば、これが日本の長ネギの切り方だった。笑

豚肉は肉厚で柔らかく、且つ期待していた歯ごたえもあり、卵も濃厚でとろ〜り感が絶妙な絡み具合。

これは、、ビール忘れて『おかわり』と言いたくなる。

それからこちらも!
WP_20180112_18_58_30_Pro
チキン南蛮 Chicken Nanban RM16-(約448円)

こ、これは、、、、!!!!

このチキン!柔らかくてジューシーな上に!!!

このタルタルソースが本場九州のチキン南蛮のお味と一緒〜〜〜!!!!(←九州出身です)

これは感動モノです。

IMG-20180112-WA0020
左下のカレーも本物のカレー。笑

ちなみに言うと、鰻卵丼のサイドについていたこの卵焼きも、九州のお味がしたのですよ!!
WP_20180112_19_12_55_Pro

哲平さん、ちょっとお話ししましょうよ〜。

ということで、手が空いた時にさっくりと来てくださいました。

哲平さんの登場です〜。

IMG-20180112-WA0016

わ、若い〜。

まだまだ30代の哲平さんは、やっぱり!九州は福岡の出身でした!

高校卒業後、博多の寿司屋へ就職。その後フグ料理店や、東京赤坂の割烹料理屋さんで修業を積み、2006年にシンガポールの寿司屋のスタッフとして来星。

その後、30歳までには独立を果たすという目標があったため、2011年にシンガポールに最初の「哲平食堂」を立ち上げたそうです。

その後も着々と多店舗化に成功し、今ではシンガポールではなくてはならない存在に。

すごいですね〜。

WP_20180112_18_55_31_Pro

こんなに偉大な方なのに、庶民の私どもにこんなに気さくにビッグスマイルを与えてくださって。

シンガポールでは絶対に対面でお話しなんぞ出来ないと思いますが、、。図図しくてすみません!でもペナンに住んでいてよかった〜。

今後は、マレーシア、インドネシアにもじゃんじゃん「哲平」を広めていきたいとのこと。

夢があるな〜。しかも大きい〜。

更なる夢と明確なビジョンを持って。

かっこいいな〜。

IMG-20180112-WA0013

こちら、The Saw Emporiumは、木曜〜日曜の11:00~24:00までの営業時間。

今週末の1/14(日)夜のフライトでシンガポールに戻られるとのことですので、時間があれば是非!哲平さんに会いに行かれてみてください。

土日のお昼も絶賛営業中ですので、お子様を連れて気軽に素材の良い日本のお味を食べにお出かけになってはいかがでしょうか。


何かとお忙しい哲平さんですが、今後もちょこちょこと来ぺしてペナンを知っていきたいとおっしゃっておりました。

夢を大きく持っていらっしゃる方とお話ができて、いいパワーをいただきましたよ。


皆様も是非一度。


以上、哲平食堂ペナンさんのリポートでした。

ボンボーノ@ペナン
013-497-9778

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中