Indochine Cafe Penang ペナンのインドシンカフェ ラオス.カンボジア.ベトナム.タイ.インド.チャイナ

だんだんと夜の雨が多くなってきたペナン島です。

最近の朝の気温は25度くらいでしょうか。

夜に降った雨が空気をきれいに洗い流してくれて、朝日が本当に気持ちの良い毎日です。

さて、そんな雨の合間に、今日は東南アジアのインターナショナル集大成のお店にお邪魔しましたよ〜。

今回ご紹介するのは、2017年6月ごろにオープンしたこちらのレストランです。

WP_20170810_18_08_20_Pro

Indochine Cafe Penang
515a Jalan C M Hashim Tanjung Tokong 11200 Penang Malaysia
(地図
Tel 017-409 7748
夜のみ営業 17:00~23:00

タンジュントコンのVIVAホーカーセンターの近く。
そしてお隣は、Hotel Sentral Seaview Penangです。
WP_20170810_18_08_42_Pro

Indochine Cafe(インドシンカフェ)といえば、シンガポールで数店舗展開しているちょっと小洒落たスマートカジュアルレストランとして有名です。

もしやそのレストランの系列?

WP_20170810_18_08_36_Pro

とりあえず中に入ってみましょう。
WP_20170810_18_08_57_Pro

「ハロ〜」
WP_20170810_18_09_05_Pro

中はちょっとシンガポールを彷彿とさせる内装です。
WP_20170810_18_10_26_Pro

ペナンもだいぶオシャレになったなあ〜。
WP_20170810_18_09_09_Pro

オーナーさんはマレーシアンチャイニーズの方でした。

シンガポールのレストランとの関連を聞きましたが、全くの別物であることが判明。笑

そうか、でも東南アジアの融合料理を食べられるというコンセプトは同じじゃないかな?

では、早速メニューを拝見。
WP_20170810_18_12_03_Pro
タイやベトナムなどのエスニックな飲み物が。

ちなみに
タイガービールRM12-(約360円)
Asahi RM17-(約510円)
とのこと。
WP_20170810_18_12_19_Pro
ラオスのミンチサラダ? ベトナム春巻き? タイのマンゴーサラダ?
WP_20170810_18_14_01_Pro
おつまみ各種
WP_20170810_18_14_09_Pro
ベトナムやタイのヌードル系
WP_20170810_18_28_52_Pro
BBQ系
WP_20170810_18_14_29_Pro
ご飯もの
WP_20170810_18_15_25_Pro
締めのベトナムフォー

などなどですね。

さあ、では決まりましたか?

では、注文に入ります。

学生さんとみられるイケメン系のウェイターさんが優しくオーダーをとってくれました。


さて、ちなみにこちら、ペットフレンドリーなレストランのようです。

我がサロンのボス、みお君もニコニコと寛いでいる様子。
でも、端っこでおとなしくしましょうね。
WP_20170810_18_26_58_Pro

さあ、では一品目到着です。
WP_20170810_18_32_22_Pro
Vietnamese Paper Roll RM16-(3pcs) RM16-(約480円)

うわ〜。皮が透け透け〜。
WP_20170810_18_32_28_Pro
しかも分厚い!!
WP_20170810_18_34_43_Pro
エビとポークが惜しみなく使われており、ニラとミントとレタスのお味のコンビがめちゃくちゃ良いです〜〜〜!!

これは、日本人学校の近くにある正宗越南少食館さんの春巻きとタメ張る美味しさです♪

お値段は正宗越南少食館さんよりも少し高めですが、ボリュームとしても満足度の高い一品です。

続きましては、、どこにいってもやっぱりこれを頼んでしまう。

WP_20170810_18_36_53_Pro
Sandakan Crispy Noodle with Seafood パリパリ焼きそばRM38-(約1,100円)

スモールサイズの方ですが、十分に量があります。

大抵、えびは1~2匹のところが多いのですが、こちらは7匹くらいおりました。
WP_20170810_18_36_58_Pro ソースも、麺とのバランスが良く、こちらも大変ホーチャ♪でございます。
*ホーチャ(HoChiak)とは福建語で「美味しい」という意味です。

続きましてはこちら!
WP_20170810_18_46_59_Pro.jpg
BBQ Pork Ribs RM26-(約780円)

見た目ちょっとシンプルなので運ばれた時の「うわ〜」という感激はなかったのですが、これがとってもホーチャ!!
 WP_20170810_18_47_04_Pro
スペアリブの部位で、オリジナルのレモングラスソース(きっと玉ねぎとガーリックと塩かな?)で味付けされており、こちらのお兄さんが焼いてくれています。

ハロ〜。 WP_20170810_19_01_38_Pro 
WP_20170810_19_01_34_Pro これにビールが合う合うで、もう一本いっちゃいますね〜。

WP_20170810_19_23_14_Pro Laotian Chiken ラオスのチキン RM19-(約570円)

先ほどのお兄さんが焼いていたチキンも是非食べたくなって注文してみました。

さっきのポークと同じ味付けで、盛り付けも同じというオチでしたが、お肉もジューシーで美味しゅうございました。

付け合わせのマンゴーサラダと、なぜかスプーン1杯程度のもち米のサイドがラオス風なのでしょうか。

WP_20170810_19_49_13_Pro 
お値段としては、ペナン全体のレストランの相場よりも少しだけ高めではありますが、お味は何を食べても美味しかったです。

美味しければヨシです。

ここのお隣のグリルハウスもリノベーションを行っていて、近々リニューアルオープンされるものと思われます。

海の目の前で心地よい風に当たれます。

オープンしたら行ってみようかな。

WP_20170810_19_01_56_Pro 
ペナンにいながら近隣諸国のお料理をちょっとオシャレに食べたい時に是非一度。


以上、インドシンカフェさんのリポートでした。 

ボンボーノ@ペナン 
013-497-9778

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中