ポン酢があるよ!金門のスティームボート鍋Golden Gate Penang

ペナン島は、暦の上では「秋」。

なのに、先日から不快な蒸し暑〜い日々が続いていますね。

歩くだけで顔から水が滴るような。

恐らく湿度は90%を越えているのではないでしょうか。


こんな酷暑の日々の常夏の島で、エアコンを最強にして「ひーふー」言いながら鍋を囲むなんて、日本にいるときには想像だにしていませんでした。

顔から汗を流せるなんて、日本ではめったにできないことですね。


さて今回は、ペナン在住の方にはすっかりおなじみの、こちらのお店でいい汗かいてきましたよ〜。笑
WP_20170723_19_14_49_Pro.jpg

Golden Gate Steamboat
77 Jalan Cantonment 10250 Penang Malaysia(地図
Tel 04-226-13561

ガーニープラザから歩いて行ける距離ですね。

さて、中に入ってみましょう。
WP_20170723_19_15_31_Pro.jpg
「ハロ〜」

WP_20170723_19_15_49_Pro

中はお部屋が幾つかに分かれていて、テーブルと椅子が簡単に置かれています。

古いバンガロータイプのおうちなので、世界遺産の建物の中でお食事をするような。
WP_20170723_19_16_01_Pro.jpg

テーブルにはすでに鍋と取り皿がセッティング済み。
WP_20170723_19_16_34_Pro.jpg

さあ、メニューをもらいましょうか。

WP_20170723_19_17_36_Pro
え〜。日本語があるのですね。

創業30年と言われる歴史のあるお店。

我々日本人の諸先輩方が頑張って日本語を教示されたのでしょうね。

オリジナル版はこちら。
これに、マークシートのように、希望の食材に✔︎マークを付けていきます。
WP_20170723_19_17_50_Pro
漢字もなんとなく理解できます。

勘で注文するのもよし、最初は何がおすすめかわからないので、店員さんを呼んで「どれがおすすめ?」と聞いてみると、適当に選んでくれたりします。

2〜3人ならSmallで、4人以上ならBigで注文すると良いと思います。

適当に✔︎を済ませたら、オーダーシートを店員さんに渡して、これをつまみながら待ちます。
WP_20170723_19_30_34_Pro
G/G Special Rm2-(約60円)

サービスかと思いきや、ちゃっかり後で請求が。笑
まあ、お通しのようなものですね。

チーズ春巻きみないな感じでイイおつまみになります。

ちなみにビールはRM9.5-(約270円)で、缶ビールです。
ワイン、焼酎などを持ち込んでいる他のお客様も多々いらっしゃいました。

さあ、一品目がきましたよ〜。
WP_20170723_19_31_57_Pro
Tiger Prawn 300g RM30-(約900円)

こちらは先ほどのマークシートのメニューではなく、追加メニューで頼んだもの。

エビが生きたままでプリプリで登場です〜。

他にも、フィッシュヘッドやイカなどもありました。
1人あたりだいたい100グラム単位で追加でオーダーしてみるのもいいですね。

さあ、お鍋の具材が一気に到着で〜す。
WP_20170723_19_34_31_Pro
お鍋の具材トータル価格 RM57-(約1,700円)

今回はこんな感じで注文してみました。
これをひとつひとつ並べてみましょうね。
WP_20170723_19_35_33_Pro
豚スライス
WP_20170723_19_35_38_Pro
湯葉の唐揚げ
WP_20170723_19_35_43_Pro.jpg
餃子
WP_20170723_19_35_50_Pro
チャイニーズ豆腐
WP_20170723_19_38_23_Pro
青梗菜
WP_20170723_19_38_45_Pro
レタス
WP_20170723_19_38_50_Pro
エビワンタン
WP_20170723_19_38_53_Pro
冬粉

今回は3人なので、こんな感じで足りますか。
足りなかったらもちろん追加でオーダー可能です。

さあ、鶏ガラのスープダシに具材をどんどん入れていきましょう〜。

WP_20170723_19_39_49_Pro

店員さんも手伝ってくれます。

鶏ガラのしっかりしたスープなので、何もつけなくても美味しく召し上がれますが、定番のチリパディやニンニクオイルをつけて、いろんなお味を楽しむのもいいですね。
WP_20170723_19_30_23_Pro

それからこちらのお店のシグネチャー?的な存在のポン酢も。
WP_20170723_19_40_24_Pro
これを入れるとさっぱり風味に早変わり。笑

えびさんも投入〜。
WP_20170723_19_45_06_Pro.jpg

気心の知れたお友達と、ゆっくりチャットタイムしながら。
WP_20170723_20_10_09_Pro

続いて豚バージョン。
WP_20170723_20_06_56_Pro.jpg
スープは肉骨茶のようにおかわりし放題なので、じゃんじゃんいただきましょう〜。

夜も更けてまいりました。

宴もたけなわではございますが、そろそろ〆めとさせていただきましょう。

〆の音頭はご飯一膳、そして卵さんにお願いしましょう。

こちらです。
WP_20170723_20_38_51_Pro

ご飯と卵ってオーダーしただけなのですが、ちゃんと海苔もセットできてくれましたよ。

外国でも心が通じ合うって、嬉しい♪

そして、店員さんが優しくコレを作ってくれます。う〜ん、いい感じ〜。
WP_20170723_21_00_56_Pro
これこれこれ〜。〆はコレ!

WP_20170723_21_02_33_Pro
海苔とネギさんが入ってイイ感じに〆ることができました〜。

今でこそ、ペナン島にもたくさんの日本食レストランがありますが、その昔から、慣れない中華料理やマレー料理で疲れてしまった日本人の胃袋をたっぷりのお野菜とポン酢で優しく満たしてくれた貴重な存在の金門さん。

WP_20170723_19_39_14_Pro
ちょっとお手洗いに立つと、こんな憩いの喫煙所などがあったりして、その輝かしい歴史を感じたりします。

はい、今宵も美味しいお料理をありがとうございました。

ちょっと外国のお料理に疲れてしまったときに是非一度。


以上、ゴールデンゲート(金門)さんのリポートでした。

ボンボーノ@ペナン
013-497-9778



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中