ときめきの小龍包専門店 上海鼎 ShanghaiDing @Queensbay

ずっと気になっていたけれど、ガーニードライブ周辺からクィーンズベイまでの距離と夕方の渋滞を考えると、なかなか億劫で足が向かなかったのですが、こらもついにやってきました。

小龍包の専門店です。

上海鼎(Shanghai Ding)
Blok H、4-G, Persiaran Bayan Indah、11900、Pulau Pinang (地図 )
04-644-1644
クィーンズベイモール手前のショップロット内です。

13457839_10209779261501214_345315659_n.jpg
*奥がイーオンクィーンズベイモール
ここの手前で右手へ。

この看板が見えることろです。
13457578_10209779267621367_820749766_n.jpg
入り口は至ってシンプル。
13453819_10209779262301234_1953003785_n.jpg
外のテラス席?もあります。

それではお待ちかね、中に入ってみましょう。
13434220_10209779266781346_1903305574_n
おっ。中も至ってシンプルです。

さてはて、メニューを下さいな。

13457718_10209779267141355_1341402685_n
意外と安い!
これがシャンハイディンさんのシグネチャー小龍包なのですね。

今日は二人なので4個入りを頂きましょうか。

まずはスタンダードな上海ジューシーミートからですね。

待つこと約5分。
今日は遠出なので(笑)、帰りにおトイレが近くなったらいけませんのでお茶で。

ビールのお供で5分と、お茶のお供で5分は、時間の長さが格段に違うのですね。

さあ、出てきましたよ~。

13444024_10209779264781296_220318806_n.jpg
大きめのセイロで出てきました。

13444023_10209779264181281_612364140_n
上海ジューシー小龍包4個入り Shanghai Juicy Meat RM6.8-(210円) 

13434163_10209779264701294_1412659786_n.jpg
蟹小龍包4個入り Juice Crabmeat RM11.8-(350円)

さてはて、いよいよ、実食です。

ところで、(←まだなにか?)
小龍包の正しい食べ方をご存じでしょうか?(←一応ね)

本場チャイニーズの方から言わせると、、、。
1、れんげを左手で持つ
2、右手で箸を使って、袋が壊れないように丁寧に小龍包をれんげに乗せる
3、酢醤油ときざみしょうがを少し小龍包にかける
4、小龍包の袋が壊れないように、惜しみなく一気に口に入れる
5、小龍包の袋から出てくる肉汁を口の中で楽しむ

というのが美しい食べ方なんだそう。

それでは、いよいよ、実食です。

13451228_10209779262981251_730140057_n.jpg
はーい、こちらも♪

13459771_10209779262901249_80260480_n
うんみゃ~~~~!!!

お茶で長らく待った甲斐があった!!

それと、温度調整が丁度よい!!

実はかの有名な鼎泰豊(ディンタイフォン)さんも好きなのですが、小龍包が熱過ぎて肉汁をお口の中に含ませる時に、ついやけどをしてしまうという失態。

だけど、ここのは大丈夫。これって、けっこう重要なんですね。

それから、これが感動!

13436009_10209779263901274_1495082258_n.jpg
エビ餃子3個入り Prawn Dumpling RM6.8-(210円)

ペナンのエビはほぼ養殖と聞いているのですが、どうやったらこのプリプリ感を出せるのでしょう。

キッチンで一度、無給でいいので働いてみたい。

13454055_10209779265781321_162181613_n.jpg
レタス炒め Lettle Gem Lettuce RM13.8-(420円)

このレタスは生で食べるのではなくて、こうやってオイスターソースで絡めて食べるといいのですね。

少しお魚ベースのダシの味がしました。

13444442_10209779265301309_2070743295_n.jpg
エビワンタンラーメン Shrimp Wanton Ramien RM9.8-(300円)

あまり期待していなかっただけに、その麺の美味しさに感動。。。
13444378_10209779265061303_2096110309_n.jpg
けっこうコシがあります。

なので、上海ラーメン追加で!!(マジか!)
13459597_10209779265501314_1866429062_n.jpg
上海ラーメン Shanghai Ramien RM5.8-(180円)

博多で言う、焼きラーメンみたいな。

これ、ちょっとハマった感ありです。

麺の固さとコシがなんとも美味!この発見は遠出した価値ありです。

13434058_10209779263621267_1299533499_n.jpg
エビの米粉巻き Rice Roll Prawn RM6.8-(210円)

こちらはお好みのソースにつけて食べるようです。いわゆる小龍包の皮の部分。

という訳で、本日は米粉だらけなメニューとなってしまいまして既にお腹がハチ切れそうです。

13459546_10209779263501264_758345573_n.jpg
これだけ食べていったいおいくら万円?

レシートはなんと、RM68.5-(2,100円)でした。

こちらのお店は10%のサービスチャージを取らないようです。

お皿運んでもらったり、それなりにサービスして頂いているのに申し訳ないです。ありがとう!

ビバ!ペナングルメ!

もう、バンザーイ!!大満足です。

ちなみにお店の周りにはたくさんのパーキングがありますが、お店の前のこのスペースは無料のエリアとの事。
(台数に限りがあります)
13444572_10209779482426737_1352831204_n (1).jpg

ここでご飯を食べる人は停めていいよ、と書いてあります。
13453968_10209779261701219_2056498836_n.jpg

小龍包とヌードル好きな方におすすめ。

ビールも別枠でちゃんとありましたから心配ご無用です。

以上、上海鼎さんのレポートでした。

ボンボーノ@ペナン











			

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中